Search
  • shinji hosokawa

2022.2.26





私小説の作家で西村賢太さんという方がいますが、面白すぎて今読み漁っています。先日亡くなってしまった為か、じわじわと価格が高騰しており定価500円前後の文庫が2000円弱になりつつあります。


そんなのお構いなしで作品全て読むべく取り寄せまくっております。すっかり最近の自分の心の拠り所となっており、このゾーンまで心深く響いてしまうと高騰した価格が収まるのを待つなんていう行為は到底出来なくなるのだと実感しています。



最近の自分はといいますと、コロナ禍に入り発信を始めたアイリッシュミュージックのライブを先日終え、それから1週間程経ちますがこれでもか、というくらいに思考が二転三転する日々を過ごしています。


二転三転どころか六点七点くらいしています。好きなものだからこそこういう形でこういう風に発信していきたいというイメージが常に頭にあるのですが現実的にそれを遂行するのが難しい場合、別の道を探しながら前に進むべきなのでしょうがその道が現時点で全く見えないです。


そんな中、サックスで美しいメロディを書いて、美しい音で奏でて、音源を残して、コンサートがしたいという想いも沸々と湧いてきております。


なんにせよとにかく自分が納得出来る深くて濃い音楽を発表出来る日までもがくしかないですね。


写真は先日ご依頼頂いたコンサートの袖で出番前に撮って頂いた一枚です。








12 views0 comments

Recent Posts

See All

前回のコンサート開催からだいぶ間が空いてしまいましたが、2022.8.13(土)のお盆の終盤の夜に目黒区のホールでサックスのコンサートを開催する事にしました。 これから写真を撮りチラシを作り公開していく予定です。 一昨日楽器のマウスピースを新調してセッティングを新たに深い音が出せるよう準備して参ります。 自主開催はいつも悔いの部分が大きく終わってからの精神的ダメージが強く毎回未熟さに打ちのめされま