Search
  • shinji hosokawa

2019.9.6

コンサート目前というところまできました。今までコンサートの事だけで目の前がいっぱいでしたので、一度冷静になり色々考えを整理しました。


ここ数年僕が取り組んでいるストリートライブの目的は、言い方が少し悪いですがお客様を増やす事。当初その目的の為にすぐにでも行動出来るのがストリートライブしか思いつきませんでした。

企業が商品を作って営業して顧客を増やして売上を上げるように、そのめちゃくちゃ小さい規模で一人でそれをやっているという感じだと思います。


お客様を増やす為には、自分の腕を磨く(商品のクオリティを上げる)といったような当たり前の事はとりあえず置いておいて、自分の存在を知らない大多数の人々に知ってもらう事がとても大事だと思います。


その手段の一つとしてストリートライブがあるわけで、他に大きくインターネット配信(YouTubeはじめ各SNS)があると思います。


今更こんな話を改めてするのは時代遅れにも程があると思いますが、自分の発信手段としてインターネットを使うのは主流だと思います。



ストリートライブを始めた頃に同時にそういった活動を始めていれば、今よりももっと沢山の方に聞いて頂けていたのかもしれません。


しかし僕は頭が硬いからか、とりあえず何でもいいから動画撮って配信という形ではなく、やるなら演奏以外にも動画の作り方などある程度のクオリティのものでないとやりたくないという想いがありました。


ストリートライブもやるからには片手間ではなく他の事はやめてその分毎日やって最後はホール公演をしたいと思ってやってきたように。


そしてそれをやるには沢山の機材が必要で、その環境を作るには莫大な費用が必要で、優先順位としてすぐにそれに手を出す事が出来ませんでした。


それから時間も経ちCDを沢山買って頂いてその小さな貯金から最近自分で買える範囲の機材一式を中古でなんとか揃え、最近動画をアップロードし始めました。


するとまだまだこれからだと思いますが少なからず反応もあり、もっと力を注いでいきたいと感じています。


昨日一つの海外の曲のカバー動画をアップしたら、そのご本人(インスタグラムで15万人程のファンがいる国民的なアーティスト)が自身のページで紹介して下さり、さらにメッセージで近々会おうと連絡をくれ、ファンの方々からもコメントを沢山頂きました。






調べると沢山の方がカバーしている中、何故自分の動画に反応してくれたのか謎ですが、こういう事がまあインターネットの力なのだなと遅ばせながら実感しております。



インターネットの魅力をようやく実感したと同時に、そういう事に少しずつ手を出せるようになったのも、やはり元はストリートライブで出会ったお客様のお陰でこの活動が曲がりなりにも続けられ、そこでCD制作の支援をして頂き、そのCDを沢山の方に買って頂き、そして今があると思うと、話は戻りますが、やはりそういう方々に感謝の気持ちを最大にコンサートに臨みたいと強く感じました。



もっと前に進みたいと思う反面、自分一人じゃまだまだ何も出来ないと感じており、周りの方のお力をお借りしながら(?)コンサートまで、そしてコンサート後も頑張っていきたいと思っております。





80 views0 comments

Recent Posts

See All

台風8号によりちょうどコンサート直前の時間帯が大雨の予報となっております。 交通機関が止まるなどの災害にならない限り予定通り開催致します。 しかし身の安全を一番にご判断頂けたらと思っております。 数ヶ月前から準備をしてきて2日前に台風発生でジャストでぶつかるのはとても残念かつ無力な思いではありますが、8月9月は台風の多い時期というのを踏まえてこれからコンサート開催の時期を検討する必要があるかもしれ

現在多数お問い合わせを頂いておりますCDは一時販売停止とさせて頂いております。 これまで販売システムサイトを使わずに全てを一人で行っていた為、対応が間に合わなくなってしまったこと、そしてコンサート前だでそれらを整えている時間がなかったということが理由となります。 秋に新アルバムを制作します。 その販売開始日までにシステムを整えて、さらに同時に以前のアルバムを購入できるようにもしたいと考えております

大変ありがたいことに数週間前からチケットが完売し、あとはしっかり準備をし当日を迎えるだけとなりました。 いらして頂ける皆様、本当にありがとうございます。 ストリートライブや動画で知ってくださり、コンサートでは期待をもっていらして下さるのだと思います。 やはりそこを上回ることができるかどうか、そこが信用につながるところであり、長い演奏活動で大切な部分なのではないかと思います。 とはいえ今の僕にはもう