Search
  • shinji hosokawa

2019.7.5

ほんとうに毎日同じ事の繰り返しで書くネタがありません。


例えばバックパッカーとして世界を旅しています、とかなら毎日アクシデントの連続?で書く事もそれなりにあるのかもしれませんが僕の場合、


起きる

コンビニでアイスコーヒーとパンを買う

食べながらニューズピックスやインスタグラムを一通り見たりする

練習する

ストリートライブする

帰宅してご飯食べる

日によって練習に出かける

寝る


これの繰り返しです。今日もまさにこれでした。




通年僕は映画をアマゾンプライムから自分のPCで見ていますが、最近は余裕がなく長らく見ておりませんでしたが、一昨日と昨日と久しぶりに夜中に「アリー/スター誕生」と「君の名は」を観ました。全然余裕が出来たわけではありませんがふと映画の2時間という時間をあっという間に感じさせてるのは、ストーリーの力だけでなくその他どんな要素で観る側の心を引きつけているのか、という事が気になりそんな風に映画を観ようなんて思った事は一度もありませんでしたが。


やはり「君の名は」は公開当初映画館で観ましたが2回目でも凄く良かったです。僕は語彙力が著しく欠落しているので感想を上手く言えませんが本当に好きです。


そういう風に観てると、オープニングがあってその後に音楽が使わるタイミングから、何から何まで本当に構成が凄いなと思いました。


僕は今までに観に行ったコンサートとしてはクラシック音楽のリサイタルが圧倒的に回数としては多いと思いますが、クラシック音楽の場合(その中でも勿論どんなコンサートかによって様々ですが)主観ですが大体演出はほぼゼロ、最初から最後まで1つの照明、場合によってはMCもなし、音楽のみを最後まで演奏するといったコンサートが多いと思います。


僕のコンサートの場合は、様々な要素を考えて、想像して、使えるものは使っていきたいと考えています。


例えば音一つ伸ばしているだけでも、その時の照明は明るいのか暗いのか、だけでも感じ方は違ってくるでしょう。最終的にはコンサートの帰り道、コンサートが良すぎてずっと浸りながら帰路について頂く、そんなコンサートに出来たらなぁとずっと思っています。


まだまだ駆け出しですが引き続き頑張っていきたいと思います。

32 views
  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル